2019年2月6日水曜日

40数年活躍したプレーヤー

骨董品のような写真のLPプレーヤー、今まで数回ベルトを交換し使ってきましたが、まともな回転数を維持できなくなり、分解してみたら、モーターをマウントしているゴム製クッションがヘタっていたので、そこにゴムシートを挟むなどして修理を試みたのですが、やっぱり正常には回転せず、ついに修理を諦めました。モーターのコンデンサーの容量抜けもあるのかもしれません。

何歳頃に買ったのか記憶がはっきりしませんが、高校後半~大学に買ったのではと思います。当時19800円の格安ベルトドライブプレーヤーでありながら、そこそこいい音がするとの評価があった機種です。それが40数年活躍していたわけですから、今となっては感謝の気持ちしかありません。フィンガーピッキングを大阪南でのイサト先生の教室に通って習っていた時は、何度も同じ所に針を落し、耳コピーに長時間使っていました。サラリーマンしながらも、その頃は十分時間があったんですね。

先週、現有のLPを聴くため、オーディオテクニカのダイレクトドライブLPプレーヤーを後継に購入しました。まだ十分に使いこなせていませんが、カートリッジをド定番のM44Gに替え、さらに付属の鉛板をハメこんだら、ほぼ満足のいく音になりました。これは40年くらい前に買ったカートリッジが生き返ったということになります。このプレーヤーはUSB出力からパソコンに音楽を取り込めるということで、時間はかかりますが、お気に入りのLPを一枚ずつ取り込もうと思っています。

もし、「ジャンクでもいいからほしい」という方おられましたら、差し上げますのでご連絡ください。 カートリッジなしです。

2019年1月21日月曜日

イヤホンの替スポンジパッド

健康のための歩行やジョギングで使うため、机の引出の中に10年以上前に買ったゼンハイザーのイヤホンを思い出し、引っ張り出してきた。しかしスポンジパッドが無くなっていたので近所の量販店に行くも、もはやスポンジタイプはひと昔の物らしく、売り場にはなかった。それでネットで探してみたら、6つ入りが税込124円送料無料で売られていた。

124円の商品で送料無料、さらにクレジットカード買うことに若干の後ろめたさはあったが、注文した(複数販売店があったが今回はビッグカメラ)。待つこと3日ほどで封筒に入った商品が届いた。
 それを装着すると、これがなかなか素晴らしい音。MX400という価格の割には音が良かったという評判のイヤホンだったのだが、それを再認識した。

手に入りにくいスポンジパッド6個124円、それを送料無料で送ってくれるとはありがたい。次何か買うときはこのお店で買ったげよう。

2019年1月6日日曜日

新年初登り

正月明け、近所の裏山「道樹山」へ初登りをしてきました。
いつもの弥勒山ではなく、久しぶりに山岳信仰の雰囲気が強いこの山へ。写真は頂上の神社。

今はネットですぐに答えが見つかるし欲しい物が簡単に手に入る、そんな時代だからこそ自分の足でじっくり登ることの意味はより大きくなっています。私の木工教室も、ネットや雑誌の情報に惑わされず、研ぎから始め、急がず、”いいとこ取り”だけをするのではなく、自分の手でじっくり形にしていく、そんな体験ができる場として意味があるのではと、今年20年目を迎え、あらためて存在意義を考えたりしました。

謹賀新年、今年もよろしくお願いします。

2018年12月18日火曜日

古いアンプの修理

前の家からだから、30~40年くらい前に買ったマランツのプリメインアンプPM-80、スイッチを入れてすぐは音が出なかったり片方だけ聞こえたりと不調だったが、ついに音がでなくなった。「リレーが原因だろうな」とは思いながらも自分で修理は無理、ダメ元でマランツの修理センターへ問い合わせることに。調べたら、なんと家から車で20分ほどのJR高蔵寺駅近くに東海地区の修理センターがあることが判明、早速持ち込んだ。次の日の夕方「修理費14040円かかりますが、直されますか?」との電話があり、今日修理が終わったのを持って帰ってきた。
無事に音が出て、とても嬉しい。新品を買ったよりも嬉しい気がする。子供が小さかった頃からの我が家の歴史を知ってるアンプだ。それにしても近くに修理センターがあってよかった。これでまだ当分使える?だろう。

2018年11月23日金曜日

テント泊登山総括

今夏は激しい天候や地震・台風等により甚大な被害を受けられた地域も多く、遊びの話を書くのが躊躇われました。気がつくともう11月末、今年行ったテント泊による二回の登山を総括しておきたいと思います。

まず、なぜこの歳になってテント泊?ということですが、子供の頃から生活道具を担いで自力で夜を明かすということに魅力を感じていたことに加え、夏の山小屋の超過密で不快な環境を避けたいという思いがあります。

最初は8月上旬の涸沢でした。二人用テントを担ぎ、60リットルのザックで12kgほどの荷物でした。年齢や自分の体力を考え、できるだけゆとりのある計画とを心掛けました。エエッと思うくらい前半はゆっくりぺースです。

1日目:自宅→木曽路→沢渡に駐車→上高地へバス→小梨平で昼食→徳澤テント場
2日目:徳澤→横尾→涸沢、午後はビール飲んで昼寝
3日目:涸沢→ザイテン手前で引返し→テント撤収→ひたすら下山→乗鞍で温泉→帰宅



日頃トレーニングもろくにしないので、涸沢まで登れるかが一番の問題でした。トレッキングポールの助けをかり、テント場まで無事到着。昼頃でしたが、無理せず今日はヒュッテのビールを飲んで憧れの涸沢で昼寝。贅沢なひと時でした。

学生時代は夜行列車で早朝松本に着き、その日に涸沢まで入ったものですが、そんな元気はありません。今回は食料の重量を減らすため、徳澤ではロッジの夕食を頼んでいます。なんと軟弱!、でもこれくらい用心した方が疲労困憊して人に迷惑をかけるよりましと思います。

この夏は北アルプスも異常に暑く、稜線の山小屋でも熱中症によると思われる遭難やトラブルが多数発生したということです。3日目は早朝から奥穂を目指したものの、暑さに加え、昔は”へのカッパ”だったザイテンまでの道のりがとても遠く思え、荷物を背負っての下山を考えると登るのはやめた方がよいと早めに下山することに計画を変更しました。その判断はよかったと思います。が、無理に帰宅せず、横尾や小梨平でもう一泊してもよかったかもしれません。でも乗鞍での硫黄泉はホントに気持ちよかった。

二回目は9月上旬の白山です。
白山は学生時代山岳部に入って6月に登った初めての本格的な山で、南龍ケ馬場での残雪上キャンプは良い思い出です。今回はその記憶をたどる登山となりましたが・・・。

涸沢での経験からとにかく荷物を軽くということで、HiREVOという最新の1kg未満超軽量テントを入手、40リットルのザックで水を除き約7kgに抑えました。

1日目:自宅→市野瀬→砂防新道→南龍ケ馬場テント場
2日目:テント→室堂→白山→テント撤収→下山→自宅


1日目はバテながらも無事テント場に到着し、ゆっくりしました。2日目も時間的に問題はなかったのですが、800m登って一気に1600m下山するということの大変さを過小評価していました。テントを背負っての下山では膝ガクガク状態となり、ストックをたよりになんとか下山はしましたが、不安の残る結果となりました。

ここからは反省です。
日頃トレーニングをしないのに、テントを背負っての登山はやはりキツイ。特に下山時の疲労は年齢とともに予想以上に大きくなるようです。すべて自己責任の単独行ですから、他人に迷惑をかけないためには、一日の行程差は1000m以内、できれば800mくらいにとどめた方が、安全かつ楽しいのではと思います。トレーニングをすれば筋力は高めることができますが、関節や体全体の衰えをカバーすることはできません。またバランス感覚や目の衰えは自然の成り行きであり、それを充分自覚する必要があります。今回のような余裕のある計画であっても、転んだり膝を傷めたりすると、過酷な状況になりえます。この辺を充分認識したうえで、それでも来年もまたテント泊登山をしたいと思う、懲りない自分でありました。

2018年10月19日金曜日

二週続けてスウェーデンから来客

今年はスウェーデンと日本が国交を樹立してから150周年らしく、各地で記念行事が開催されている。自分には親しみのある国だが、明治維新の年に国交が始まったとは知らなかった。

スウェーデン日本国交樹立150周年公式サイト

 また北海道当別にあるスウェーデン交流センターは設立35周年ということで、ここに設置されているガラスや木工などの工房に関係されたスウェーデン人工芸家夫妻が多数招かれ、札幌芸術の森工芸館ではこれを記念した展示会が開催されている。

35år トレッティフェム・オール -日瑞ガラス・木工作品展-(札幌展)

ウチの教室作品展前の忙しい時期でもあり、「遠い北海道までは行けないな」と思っていたら、一昨日来日中のカペラゴーデンで長年家具作りを教えたキャレ先生夫妻から突然、「今日泊まれる?」と連絡が入り、急きょ一泊してもらうことに。3年前にも来られているので、日本で言うところの「ご無沙汰、元気してる?」という感じでお迎え。昨日は静岡から卒業生一家と京都を回っていたスウェーデン人P氏夫妻と合流、名古屋城を見学してきた。

それにしても二週続けてスウェーデンからの来客があり、泊まってもらうことになるとは、超珍しい。

2018年10月1日月曜日

またもや台風、雨漏り対策試される

同じような台風がすぐやってくるとは!ホンマ今年の天候は激しい。

21号の時の激しい雨漏りで、「これはナントカせなあかん」の気持ちがピークに達し、思いついた対策を実施していた。開放されている二階ベランダに入り込む横殴りの雨をシャットアウトするための雨戸に相当するコンパネとブルーシートの設置である。コンパネを半分に切り、青いシートの下のガラリ戸みたいな板とベランダ手すりとの隙間に差し込み、その上はご覧のとおり1.8mX1.8mのブルーシートを上部に引っ掛ける金具を取り付け、下はロープで固定するという、単純な対策。
 結果、天井等からの雨漏りは全くなかった!!!

大成功である。ただ、台風が峠を越えてからも、ブルーシートがバタバタ音をたて、眠りが浅かった。これは仕方ない。次の台風(来てほしくないが・・・)の時は、シートの縛り方を工夫したい。